Home >

  • Posted by: deguchigumi
  • 2008年7月15日 15:33

線路の確保のため
海岸線を走るJR日高本線は、太平洋の高波の影響を直に受ける。
鋼矢板を「ウォータジェットカッター併用バイブロハンマー工法」で打込み、護岸壁を
補強する。

工事概要
施工場所:新冠町
発注者:北海道旅客鉄道株式会社
規模:鋼矢板Ⅲ型170枚、コンクリート72.1m3


RIMG0031.JPG

矢板打込み


CIMG0004.JPG


矢板打込み完了


大狩部2-1.JPG

完成


工事を終え現場責任者から
海(波打ち際)での作業と列車との近接作業で、墜落・転落及び列車退避等の安全対策には気をつかった現場で、結果 無事故で終了できました。

Home >

サイト内検索
Feeds

Return to page top